カタログギフトが人気なのは常識?正しい贈り方

カタログギフトなら迷わない!人気の商品がラインナップ

カタログギフトを利用しよう

通販サイトや専門店には無数の商品が販売されているので、その中から最適な商品を探し当てるのは至難の技と言えるでしょう。その場合カタログギフトを贈るのが人気になっています。また、カタログギフトにも違いがあります。

カタログギフトの違い

コンセプトあり

カタログギフトの中には結婚式をモチーフにしたものもあれば香典返しをモチーフにしたものもあります。目的がハッキリしているのなら、コンセプトのあるカタログギフトにすると良いでしょう。

コンセプトなし

相手の年齢や好みなどの予想が全くつかない場合は、コンセプトのないカタログギフトにすると良いでしょう。タオルや石鹸などの無難な商品からグルメの方にぴったりのものまで揃っています。

カタログギフトが人気なのは常識?正しい贈り方

風呂敷

価格で選ぶことができる

いくら好きなものをプレゼントすることができると言っても、好きなだけ注文されてしまったら支払いがキツくなっていまいます。しかし、料金が定まっているものであればカタログギフトでも安心して渡すことができるでしょう。

女の人

高すぎるものはNG

感謝の気持ちを表したいからと高すぎるカタログギフトを贈ってしまっては、返って相手の気を使わせてしまうことになります。ですので、3000円から5000円前後のカタログギフトを贈ると良いでしょう。

風呂敷

期間がある

もしも、内祝いを贈るのなら赤ちゃんが生まれてから一週間が経過した頃に贈るのが常識とされています。また、香典返しの場合は忌が終わってから贈るといいとされています。

女性

手紙を入れておく

目出度い席や葬式などに赴くことができない方もいることでしょう。そういった場合は、カタログギフトだけを渡すのではなくメッセージを加えておくと好感を持たれます。

マナーを心得よ

カタログギフト1つを出すにしてもマナーというものがあります。恥をかきたくないのであれば、予め頭に入れておくといいかもしれません。

広告募集中